メンズ&レディースファッション、サンタフェ、ヒピハパやロジエ、マリードールを中心にセレクト。ていねいな修理も好評。

4ページ

土を触る感触はとても気持ちになじみます。
作ることに集中するのがいいですね。

ロクロ以外で

フリーカップ

フリーカップ

持った時に手になじみます。
お茶やコーヒーはもちろん、
ミルクやスープもたっぷり飲めます。









編み込みボウル

編み込みボウル

紐を作って編み込んでいきました。
暑い時に作ったので、乾かないうちに早く作らなくてはなりません。
縁までいくうちにどんどん乾いてきました。
それで縁はこんなワイルドになっています。





ロクロで

コーヒーカップ

コーヒーカップ

呉須の濃淡を使って模様を描きました。
出来上がってから見ると、
なんとなくピエロを連想しました。







少し大きな皿

月桂樹の皿

家の前で育てている月桂樹をデジカメで撮って皿に描きました。
掻き落としと象嵌の二つの技法を使っています。出来上がりの直径は約26センチ、釉薬は石灰で還元焼成です。




ボウル

ボウル

飛びカンナのボウルに触発されて似たようなものを作ってみました。
さすがに飛びカンナはできないので、白化粧の掻き落としで模様を入れています。やや小ぶりですが、スープやシチューなどの汁物から小さい丼でも良さそうです。




フリーカップ

フリーカップ

上に向かって少し広がったいつものかたち。飲み物はもちろん、ドレッシングやソースをいれても使えます。
象嵌で架空の花を描きました。石灰で還元焼成です。




マグカップ

マグカップ  マグカップ中 少し遊んでいます。
象嵌で白化粧を入れてから余分なところを落とすのですが、適度に残しました。
まだらな感じですね。
そして、素焼きをしてから呉須でひと描きしています。
今回の窯は還元焼成だったのでグレーっぽい色です。




直前のページへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional